リップルとは:

「価値のインターネット」を目指した国際送金ソリューション

リップルは、アメリカに本拠を置く「Ripple, Inc.(リップル社)」が開発した、銀行間送金向けの総合的なソリューションです。リップル社は、国ごとに異なっている決済プロトコルをグローバルで統合し、あらゆる「価値」をEメールや情報と同様に安価かつ世界中どこへでも動かせるものにすることを目標に活動しています。 

仮想通貨「XRP」はビットコイン(BTC)などとは異なり民間企業であるリップル社が中心となって開発していることが特徴で、XRPの発行量は1000億XRPと定められています。

通貨記号* XRP 提唱者 Ripple, Inc.
発行上限 1000億枚 承認方式 PoC
ハッシュアルゴリズム - 発行日 2012年
ビットバンク取扱開始日 2017年5月25日
公式サイト https://ripple.com
ホワイトペーパー https://ripple.com/files/ripple_consensus_whitepaper.pdf
ソースコード https://github.com/ripple
* ビットバンクにおける通貨記号

圧倒的な送金スピードを実現するコンセンサスシステム

リップル社の仮想通貨「XRP」の最も注目される特徴として、ブロックチェーンを使用していない仮想通貨であることが挙げられます。 

仮想通貨の多くがブロックチェーンに取引や送金のデータを記録して分散管理する一方、XRPはリップル社が独自開発した「コンセンサス・レジャー(Ripple Consensus Ledger)」という仕組みを使って取引データを管理しています。この仕組みを使い「マイニング」作業をリップル社が信用する一部の「Validator」のみで行うことによって、他の通貨を圧倒する送金スピードを実現しています。

大手メガバンクもこぞって導入に動き出す

国際送金の世界では、手数料の高さや送金の遅さが長年にわたり悩みのタネとなっていました。国際送金にリップル社の技術を使用することで、送金手数料は安くなり速度も向上することが期待されています。その恩恵を受けるべく、日本国内でも大手メガバンクが導入に積極的な姿勢を示しています。 

リップル社は各国の中央銀行とも積極的に共同実証を行っており、本格導入に向け世界中で前向きに検討されていると言えるでしょう。

リップルの買い方

弊社の運営する仮想通貨取引所「ビットバンク」では、リップル(XRP)を簡単に購入できます。
ビットバンクは、現在リップル取引量が世界No.1*の取引所です。
> 詳しくはこちらへ
* 2018年12月13日 "Ripple XRP Charts 30days" において

XRP/JPY 価格チャート

> リップル(XRP)チャート

金融庁登録済 (第00004号)
安心・安全の国内仮想通貨取引所

無料口座開設
※2018年10月9日 CoinMarketCap & ICO Rating 調べ