ビットコインキャッシュとは:

ビットコイン(BTC)からハードフォーク(分岐)した暗号資産(仮想通貨)

ビットコイン(BTC)のユーザーが増えていくにつれて、着金が遅くなるなどの問題を引き起こすようになりました。その原因は、取引を記録するブロックがすぐに一杯になり、取引がネットワークに承認されるまでに時間がかかり過ぎることが主な原因でした。 

このビットコインネットワークの「スケーラビリティ問題」を解消するべく、「ブロックサイズ」をビットコイン(BTC)の1MBから8MBへ拡張することで、2017年8月1日にビットコインブロックチェーンから「ハードフォーク(分岐)」してできた「アルトコイン」がビットコインキャッシュです。

通貨記号* BCC 提唱者 -
発行上限 2100万枚 承認方式 PoW
ハッシュアルゴリズム SHA256 発行日 2017年8月1日
ビットバンク取扱開始日 2017年8月2日
公式サイト https://www.bitcoincash.org
ホワイトペーパー https://www.bitcoincash.org/bitcoin.pdf
ソースコード https://github.com/bitcoincashorg
* ビットバンクにおける通貨記号

ハードフォークにより誕生した通貨ではトップクラスの時価総額

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のスケーラビリティ問題を解決するために、ハードフォークすることで誕生したアルトコインはいくつかありますが、ビットコインキャッシュ(BCC)は、その中でも時価総額が特に高いアルトコインとなっています。 

ビットコインキャッシュ(BCC)は決済がとても早く、日常使いの決済手段として注目を集めています。また、時価総額ランキングではハードフォーク元のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などに次いで6位(2019年3月時点)に位置し、順調に成長しています。

発行量や半減期はビットコイン(BTC)と同じ

ビットコインキャッシュ(BCC)の発行量は、ハードフォーク元であるビットコイン(BTC)と同様に約2100万BCCです。2017年8月1日のハードフォーク以前に取引されていたビットコイン(BTC)と同量のビットコインキャッシュ(BCC)が発行済みとされているため、現在「マイニング」での報酬もビットコイン(BTC)と同様に12.5BCCとされています。 

約4年に一度、210,000ブロックが生成されるたびに「半減期」を迎え、次の半減期を迎えるとマイニング報酬額は6.25BCCとなります。

2018年、ビットコインキャッシュは分裂し2つの別々の通貨に

ビットコイン(BTC)からハードフォークし誕生したビットコインキャッシュ(BCC)は、2018年にさらにハードフォークを行い、ビットコインキャッシュABCとビットコインSVの2つに分裂しました。分裂した要因となったのは、コミュニティ内における開発者同士の対立です。

開発者同士の大きな相違点は、ブロックチェーンのブロックサイズの大きさに関するものでした。ビットコインキャッシュABCの開発者はブロックサイズを32MBに設定したいと考えていた一方、ビットコインキャッシュSVの開発者はブロックサイズを128MBまで引き上げたいと考えていました。

議論を重ねたものの決着がつくことはなく、どちらがより多くのハッシュレート(演算量)を集めることができるかを競争するハッシュウォーに発展しました。最終的にブロックチェーンが分岐するという結果を迎えそれぞれ別々の道を歩むことになりました。

分裂後のビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ(BCC)は元々ビットコインABCの開発者が中心となりソフトウェアを開発していたため、ビットバンクではビットコインABCのソフトウェアをビットコインキャッシュ(BCC)として取り扱っています。

分裂によりビットコインキャッシュABCとビットコインキャッシュSVは異なる2つのアルトコインとなりましたが、時価総額ランキングでみると(2019年2月13日時点)ビットコインキャッシュABCが6位、ビットコインキャッシュSVが11位となっておりビットコインキャッシュABCが上位に位置しています。

Bitcoin ABCの今後のアップグレード

Bitcoin ABCは2018年10月にハードフォークを行いソフトウェアのアップグレードを行っています。Bitcoin ABCの開発チームは、新たなハードフォークを伴うアップグレードを2019年5月15日に行う予定です。
次のアップグレードで追加される機能の中で最も注目を集めているのがSchorr signatureとSegwit recoveryです。Schorr signatureの利点は、複数の取引の署名を一つにまとめることができるSignature Aggregationです。Signature Aggregationを行うことにより取引のプライバシーを高く保つことができます。さらにブロックチェーン上に記録するデータ量を大幅に圧縮することができます。

Segwit recoveryは、ビットコイン・キャッシュ(BCC)のユーザーが誤ってSegwit addressへ送金してしまった際に、再び送金が可能な状態に戻すことができる技術です。現在は、Segwit addressへ送金されたビットコイン・キャッシュ(BCC)は使用不可になってしまいます。次のアップグレードではこれを修正するためにSegwit recoveryが導入される予定となっています。

Bitcoin.com、日本に拠点があるブロックチェーン開発企業のO3 Labsの買収を発表

ビットコインキャッシュの支持者と知られるRoger Ver氏が設立したBitcoin.comがO3 Labsの買収を発表しました。O3 Labsは日本に拠点を持つブロックチェーン開発企業で、ビットコインキャッシュのネットワークを広げるためのモバイルアプリを開発します。

Bitcoin.comは今後ビットコインキャッシュをベースにした金融サービスを提供することも発表しました。


ビットコインキャッシュトピックス:

Bitcoin Cash、ハードフォーク無事完了

Bitcoin Cash(BCC)は予定されていたソフトウェアのアップグレード「ハードフォーク」を無事完了させました。ハードフォークは11月16日に行われ、通信障害などを避けるためハードフォーク直前からデポジットや送金を止める取引所もありました。ハードフォーク直後は古いバージョンのブロックチェーンがマイニングされ分岐が確認されたものの、時間の経過とともに無事一つのチェーンに集約されました。

Bitcoin Cashは以前にハードフォークの結果、ブロックチェーンがBCCとBSV(Bitcoin SV)の2つに分かれる事象が発生していました。今回ブロックチェーンが一時的に分岐したことに関しては、マイナーが新しいソフトウェアにアップデートせずマイニングし続けたとことが要因であるとされています。

Binance、BCH物を追加

世界最大の取引所であるBinanceはビットコインキャッシュの先物取引をプラットフォームに追加することを発表しました。ティッカーはBCH/USDTとなりレバレッジは最大75倍に設定されました。

ビットコインキャッシュの先物取引を扱う取引所は少ないため、現物を保有するユーザーにとっては待望の金融商品だったと考えられます。現物を保有するユーザーは価格変動のリスクをヘッジしたい時にBinanceを利用することで、下落相場でも資産を減らすことを回避することができるようになりました。

ビットコインキャッシュの価格は、先物取引が始まった2019年12月20日から2020年1月中旬現在にかけて約40%ほど価格が上昇しています。

Tether、BCHネットワークで利用可能に

ドルにペッグして発行されるTether(USDT)がビットコインキャッシュ(BCH)のネットワーク上で利用可能になりました。ビットコインキャッシュのネットワーク上のSimple Ledger Protocolを活用してTetherが発行されます。Simple Ledger Protocolは イーサリアム(ETH) のERC-20と同様にトークンを発行することができます。

Tetherは暗号資産(仮想通貨)市場で最も多く取引されるステーブルコインで、市場時価総額ランキングで常に上位にランクインしています。Tetherはビットコインキャッシュの他にイーサリアムやトロン(TRX)、EOSなどのネットワーク上でも発行されています。

ビットコインキャッシュの買い方

弊社の運営する暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットバンク」では、ビットコインキャッシュ(BCC)を簡単に購入できます。
詳しくはこちらへ

関東財務局登録済 (第00004号)
安心・安全の国内暗号資産(仮想通貨)取引所

無料口座開設
※2019年5月15日 CoinGecko調べ & ICO Rating 調べ