ビットコインキャッシュとは:

ビットコイン(BTC)からハードフォーク(分岐)した仮想通貨

ビットコイン(BTC)のユーザーが増えていくにつれて、着金が遅くなるなどの問題を引き起こすようになりました。その原因は、取引を記録するブロックがすぐに一杯になり、取引がネットワークに承認されるまでに時間がかかり過ぎることが主な原因でした。 

このビットコインネットワークの「スケーラビリティ問題」を解消するべく、「ブロックサイズ」をビットコイン(BTC)の1MBから8MBへ拡張しすることで、2017年8月1日にビットコインブロックチェーンから「ハードフォーク(分岐)」してできた「アルトコイン」がビットコインキャッシュです。

ハードフォークにより誕生した通貨ではトップクラスの時価総額

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のスケーラビリティ問題を解決するために、ハードフォークすることで誕生したアルトコインはいくつかありますが、ビットコインキャッシュ(BCC)は、その中でも時価総額が特に高いアルトコインとなっています。 

ビットコインキャッシュ(BCC)は決済がとても早く、日常使いの決済手段として注目を集めています。また、時価総額ランキングではハードフォーク元のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)に次いで4位に位置し、2018年8月には1兆円を超える規模に成長しています。

発行量や半減期はビットコイン(BTC)と同じ

ビットコインキャッシュ(BCC)の発行量は、ハードフォーク元であるビットコイン(BTC)と同様に約2100万BCCです。2017年8月1日のハードフォーク以前に取引されていたビットコインと同量のビットコインキャッシュ(BCC)が発行済みとされているため、現在「マイニング」での報酬もビットコイン(BTC)と同様に12.5BCHとされています。 

約4年に一度、210,000ブロックが生成されるたびに「半減期」を迎え、次の半減期を迎えるとマイニング報酬額は6.25BCCとなります。

ビットコインキャッシュの買い方

弊社の運営する仮想通貨取引所「ビットバンク」では、ビットコインキャッシュ(BCC)を手数料無料で簡単に購入できます。
> 詳しくはこちらへ

速報・ニュース

    > ビットコインキャッシュ(BCC)関連ニュース

    金融庁登録済 (第00004号)
    安心・安全の国内仮想通貨取引所
    今なら全ペア取引手数料無料!

    ビットバンクに今すぐ登録
    ※2018年10月9日 CoinMarketCap & ICO Rating 調べ