分散型台帳技術

DLT(Distributed Ledger Technology)

ブロックチェーンの機能を派生し、共有台帳という特徴だけを抽出して一般化した概念が分散型台帳技術、またはDLT(Distributed Ledger Technology)と呼ばれるものです。

分散型台帳技術は、ブロックチェーンが持つ特徴のうち、取引の透明性や監査のしやすさ、データ共有のしやすさに焦点が当てられており、その一部はプロトコル上に特有の仮想通貨を持ちません。また、スマートコントラクトを利用することによって、カウンターパーティが多数参加する取引や、エスクローが連鎖して一つの取引になる貿易金融のような分野を自動化し、効率化できると考えられています。

その他の用語

仮想通貨用語集トップページへ

金融庁登録済 (第00004号)
安心・安全の国内仮想通貨取引所
今なら全ペア取引手数料無料!

ビットバンクに今すぐ登録
※2018年10月9日 CoinMarketCap & ICO Rating 調べ