モナコインとは:

「2ちゃんねる」発祥の国産仮想通貨

モナコイン(MONA)は、日本の掲示板「2ちゃんねる」で有名なアスキーアート「モナー」をモチーフにして、2013年12月に誕生した国産仮想通貨です。

ゲーム内の通貨のようなものとして、日本人を中心としたコミュニティで利用されてきました。他の仮想通貨と大きく異なる点は、モナコイン(MONA)のメインユーザーは日本人であること。日本のカルチャーに根ざしたコミックマーケットや、動画配信と組み合わせたリアルタイム投げ銭などに用いられています。

通貨記号* MONA 提唱者 Mr.Watanabe
発行上限 1億512万枚 承認方式 PoW
ハッシュアルゴリズム Lyra2RE(v2) 発行日 2014年
ビットバンク取扱開始日 2017年7月21日
公式サイト https://monacoin.org
ホワイトペーパー -
ソースコード https://github.com/monacoinproject
* ビットバンクにおける通貨記号

技術的にはライトコイン(LTC)と類似する仮想通貨

ライトコイン(LTC)同様、ブロックの生成時間はビットコイン(BTC)よりもかなり短く90秒ごとに取引が承認されていくことから、送金を比較的短時間で終わらせることができます。 

また、取引データサイズを圧縮する「SegWit」の導入が、モナコイン(MONA)を「マイニング」する「マイナー」達の投票によって承認されました。この承認方法は「マイナー」の75%以上が賛同する必要があるため、他の通貨ではスムーズに行われることは少なく、モナコイン(MONA)のマイナーたちの意思決定が迅速であることが伺えます。

モナコインが制作された理由

モナコインはオンライン上の少額取引に使うことを目的として制作されました。小さなコミュニティ内での投げ銭などに利用できるように設計されました。モナコイン(MONA)のブロックは1.5分ごとに生成されるため非常に素早く決済を完了させることができます。ビットコイン(BTC)のブロックは10分ごとに生成され、ライトコイン(LTC)は2.5分ごとに生成されるため、モナコイン(MONA)の方が早く取引を完了させることができます。

モナコイン(MONA)は仮想通貨取引所で購入できるものの、値上がりを期待する投機を目的として作られた仮想通貨ではありません。もともとP2Pのネットワーク上で金融機関を介さず小銭程度のお金のやり取りをすることが目的でした。

2017年に仮想通貨市場が盛り上がるとモナコイン(MONA)の価格は1年間で4000%以上も値上がりしました。一方、2018年に市場の投機熱が冷める価格は大幅に下落しました。価格の乱高下が激しいため少額取引ツールとして利用したほうが安全かもしれません。

「モナ払い」を取り入れる店舗が日本で増加中

モナコイン(MONA)は日本で誕生したこともあり、ビットバンク以外の多くの取引所でも取り扱われています。秋葉原のarkなどのパソコンショップでもモナコイン(MONA)での支払いを受け付けています。Ask Monaという掲示板サイトでは投げ銭機能が付いており、サイト内のコミュニティケーションツールとして利用することができます。

以前まではモナコイン(MONA)を使って遊べるMonappyというサイトがありましたが、2018年11月に運営側のシステムに対する不正アクセスにより、約1000万円のモナコイン(MONA)が盗難されてしましました。これによりモナコインのサービスは現在も停止したままです。

モナコイン(MONA)をモチーフにした高円寺にあるMONA BARでは、モナコイン(MONA)の他にリップル(XRP)などの仮想通貨の支払いを受け付けています。MONA BARではモナチップと呼ばれるコインも配布しており、モナー関連のオリジナルグッズと交換できるサービスも展開しています。

モナコインの買い方

弊社の運営する仮想通貨取引所「ビットバンク」では、モナコイン(MONA)を簡単に購入できます。
詳しくはこちらへ

金融庁登録済 (第00004号)
安心・安全の国内仮想通貨取引所

無料口座開設
※2019年5月15日 CoinGecko調べ & ICO Rating 調べ