ライトコイン(LTC)とは:

ビットコイン(BTC)の次に歴史が古いと言われるメジャー暗号資産(仮想通貨)

ライトコイン(LTC)は、金に対する銀のように、ビットコイン(BTC)のサブアセットとして使われることを想定して2011年10月に開発されました。メジャーな暗号資産(仮想通貨)の中ではビットコイン(BTC)の次に歴史が古いコインと言われています。

発行総量はビットコイン(BTC)の4倍で、8400万LTCとされています。ビットコイン(BTC)のブロック生成時間は10分に調整されているのに対し、ライトコイン(LTC)のブロック生成時間は2.5分に調整されています。したがって、ライトコイン(LTC)の取引はビットコイン(BTC)よりも4倍早く承認され、迅速な取引を行うことが可能になっています。このようにビットコイン(BTC)が承認を10分以上待たなくてはならないという部分を補っていることが、ライトコイン(LTC)が銀と呼ばれる所以となっています。

通貨記号* LTC 提唱者 Charlie Lee
発行上限 8400万枚 承認方式 PoW
ハッシュアルゴリズム Scrypt 発行日 2011年
ビットバンク取扱開始日 2017年5月11日
公式サイト https://litecoin.org
ホワイトペーパー -
ソースコード https://github.com/litecoin-project
関連情報 https://coinmarketcap.com/ja/currencies/litecoin/
* ビットバンクにおける通貨記号

ライトコイン(LTC)の買い方

弊社の運営する暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットバンク」では、ライトコイン(LTC)を簡単に購入できます。
詳しくはこちらへ

関東財務局登録済 (第00004号)
安心・安全の国内暗号資産(仮想通貨)取引所

無料口座開設
※2019年5月15日 CoinGecko調べ & ICO Rating 調べ