ライトコインとは:

ビットコイン(BTC)の次に歴史が古いと言われるメジャー暗号資産(仮想通貨)

ライトコイン(LTC)は、金に対する銀のように、ビットコイン(BTC)のサブアセットとして使われることを想定して2011年10月に開発されました。メジャーな暗号資産(仮想通貨)の中ではビットコイン(BTC)の次に歴史が古いコインと言われています。

発行総量はビットコイン(BTC)の4倍で、8400万LTCとされています。ビットコイン(BTC)のブロック生成時間は10分に調整されているのに対し、ライトコイン(LTC)のブロック生成時間は2.5分に調整されています。したがって、ライトコイン(LTC)の取引はビットコイン(BTC)よりも4倍早く承認され、迅速な取引を行うことが可能になっています。このようにビットコイン(BTC)が承認を10分以上待たなくてはならないという部分を補っていることが、ライトコイン(LTC)が銀と呼ばれる所以となっています。

通貨記号* LTC 提唱者 Charlie Lee
発行上限 8400万枚 承認方式 PoW
ハッシュアルゴリズム Scrypt 発行日 2011年
ビットバンク取扱開始日 2017年5月11日
公式サイト https://litecoin.org
ホワイトペーパー -
ソースコード https://github.com/litecoin-project
* ビットバンクにおける通貨記号

メジャーな暗号資産(仮想通貨)として初めてのSegWit導入

世界中でビットコイン(BTC)の取引ユーザーが増えていくにつれて、ビットコイン(BTC)の着金が遅くなるなどの「スケーラビリティ」問題が発生しました。この問題は、ビットコイン(BTC)の取引を記録するブロックがすぐに一杯になり、ネットワークに取引が認証されるまでに時間がかかり過ぎてしまうことが原因でした。 

そこで「スケーラビリティ」問題を解消するために2つの方法が提案されました。それは、ブロックサイズを拡張させる方法と、取引データサイズを縮小させる「SegWit(セグウィット)」です。ライトコイン(LTC)は、取引データサイズを縮小させる「SegWit(セグウィット)」をメジャーな暗号資産(仮想通貨)で初めて導入することに成功したことで知られています。

海外の大手取引所では広く取り扱われている

日本ではまだまだ知名度が高くないライトコイン(LTC)ですが、海外では比較的人気があるコインです。アメリカのとある有名取引所では4銘柄しかない取扱通貨の中の一つにライトコイン(LTC)が食い込むなど、一定の需要があります。


ライトコイントピックス:

Litecoin Foundationが秘匿名化技術MimbleWimbleの導入を検討

ライトコインの開発に携わるLitecoin Foundationは、トランザクションの秘匿名性を強化するためにMimbleWimbleの導入を検討していることを公表しました。GitHub上のライトコインの公式ページにすでに開発提案としてアップデートされています。

ライトコインのすべてのトランザクションは、ブロックチェーン上で公開されていることから、IPアドレスなどからユーザーの個人情報が漏れることを開発者は危惧しており、個人情報を守るためにトランザクションの秘匿名化を検討しています。

Charlie Lee氏「MimbleWimble」の実装は6ヶ月〜1年後と発言

ライトコインの生みの親であるCharlie Lee氏は、Youtuチャンネル「DataDash」に出演しライトコインの開発状況について語りました。Carlie氏は現在、ライトコインのトランザクションのプライバシー強化に取り組んでおり、MimbleWimbleの実装に向けたテストを行っていることを明かしました。

MimbleWimbleは取引されるコインの数量を秘匿にする技術で、ユーザーが保有しているコインの数量を非公開にすることができます。MimbleWimbleの実装テストは慎重に行われており、ある程度の開発期間を要するとした一方、6ヶ月から1年後のメインネットへの実装を目指しているとCharlie氏は語りました。

Grin、MimbleWimbleをLitecoinに搭載する計画を始動へ

Litecoinのプロトコルを開発するLitecoin Foundationは、以前から噂されていたMimbleWimbleの実装プロジェクトを本格始動させました。Grinの開発者でもあるDavid Burkett氏は、Litecoinの開発にも加わることを発表しました。

Burkett氏は自身のブログの中でLitecoin Foundationから開発資金を提供してもらうことを明かし、LitecoinのファウンダーでもあるCarlie Lee氏と連携してMimbleWimbleの実装作業に入るとしました。また同氏は、Grinの開発も継続することが決まっており、「非常にエキサイティングだ」と現在の心境を語った。

LTC創設者、マイニング報酬の1%を財団へ寄付することを提案

ライトコイン(LTC)の創設者であるチャーリー・リー氏は、マイナーに支払われるマイニング報酬の1%をライトコイン財団へ寄付するアイディアを提案しました。

ブロック毎のマイニング報酬の1%は現在0.125LTCで、年間にすると1億5000万円以上になります。ライトコイン財団は、ライトコインのプロトコルの開発やマーケティングなども行っています。

ライトコイン財団は非営利団体であるため、活動費の確保手段としてマイナーへ支援を呼びかけた形です。また、リー氏は寄付先をライトコイン財団に限らず、ライトコインを支援する団体をマイナーが決定できるようにするとしました。

韓国でライトコインをATMから引き出すことが可能に

ライトコイン(LTC)の開発やプロモーション活動を行うライトコインファンデーションは、韓国のMeconCashとパートナーシップを結んだことを明らかにしました。

これにより韓国内に設置された13000個のATMからライトコインを現金に変えたり、送金したりすることが可能になりました。

ライトコインの創始者であるチャーリー・リー氏は、今回のパートナーシップにより、韓国でのライトコインの広がりが加速するだろうとの見解を示しました。同氏は、韓国は暗号資産(仮想通貨)を受け入れやすい国民性であると見ており重要視している市場の一つに挙げました。

LTC、Mimblewimble実装は晩夏

ライトコイン(LTC)の次回のプロトコル・アップデートとして注目を集めるMimblewimbleは夏の終わり頃に実装される予定です。Mimblewimbleの開発・実装計画を進めるDavid Burkett氏によるとまずはテストネットのリリースを予定しているとのことです。

Mimblewimbleは、ライトコインのプライバシー性とスケーラビリティを向上させることができると期待されています。現在はコードのレビュー段階にあり、レビュー行程が完了し、安全に実装できることが確認されるとリリース段階へ移行します。リリース段階に入るとライトコインの公式Githubアカウント上のLIPという欄に追加される予定です。

ライトコインの買い方

弊社の運営する暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットバンク」では、ライトコイン(LTC)を簡単に購入できます。
詳しくはこちらへ

関東財務局登録済 (第00004号)
安心・安全の国内暗号資産(仮想通貨)取引所

無料口座開設
※2019年5月15日 CoinGecko調べ & ICO Rating 調べ