ライトコインとは:

ビットコイン(BTC)の次に歴史が古いと言われるメジャー仮想通貨

ライトコイン(LTC)は、金に対する銀のように、ビットコイン(BTC)のサブアセットとして使われることを想定して2011年10月に開発されました。メジャーな仮想通貨の中ではビットコイン(BTC)の次に歴史が古いコインと言われています。

発行総量はビットコイン(BTC)の4倍で、8400万LTCとされています。ビットコイン(BTC)のブロック生成時間は10分に調整されているのに対し、ライトコイン(LTC)のブロック生成時間は2.5分に調整されています。したがって、ライトコイン(LTC)の取引はビットコイン(BTC)よりも4倍早く承認され、迅速な取引を行うことが可能になっています。このようにビットコイン(BTC)が承認を10分以上待たなくてはならないという部分を補っていることが、ライトコイン(LTC)が銀と呼ばれる所以となっています。

通貨記号* LTC 提唱者 Charlie Lee
発行上限 8400万枚 承認方式 PoW
ハッシュアルゴリズム Scrypt 発行日 2011年
ビットバンク取扱開始日 2017年5月11日
公式サイト https://litecoin.org
ホワイトペーパー -
ソースコード https://github.com/litecoin-project
* ビットバンクにおける通貨記号

メジャーな仮想通貨として初めてのSegWit導入

世界中でビットコイン(BTC)の取引ユーザーが増えていくにつれて、ビットコイン(BTC)の着金が遅くなるなどの「スケーラビリティ」問題が発生しました。この問題は、ビットコイン(BTC)の取引を記録するブロックがすぐに一杯になり、ネットワークに取引が認証されるまでに時間がかかり過ぎてしまうことが原因でした。 

そこで「スケーラビリティ」問題を解消するために2つの方法が提案されました。それは、ブロックサイズを拡張させる方法と、取引データサイズを縮小させる「SegWit(セグウィット)」です。ライトコイン(LTC)は、取引データサイズを縮小させる「SegWit(セグウィット)」をメジャーな仮想通貨で初めて導入することに成功したことで知られています。

海外の大手取引所では広く取り扱われている

日本ではまだまだ知名度が高くないライトコイン(LTC)ですが、海外では比較的人気があるコインです。アメリカのとある有名取引所では4銘柄しかない取扱通貨の中の一つにライトコイン(LTC)が食い込むなど、一定の需要があります。

Litecoin Foundationが秘匿名化技術MimbleWimbleの導入を検討

ライトコインの開発に携わるLitecoin Foundationは、トランザクションの秘匿名性を強化するためにMimbleWimbleの導入を検討していることを公表しました。GitHub上のライトコインの公式ページにすでに開発提案としてアップデートされています。

ライトコインのすべてのトランザクションは、ブロックチェーン上で公開されていることから、IPアドレスなどからユーザーの個人情報が漏れることを開発者は危惧しており、個人情報を守るためにトランザクションの秘匿名化を検討しています。

ライトコインの買い方

弊社の運営する仮想通貨取引所「ビットバンク」では、ライトコイン(LTC)を簡単に購入できます。
詳しくはこちらへ

金融庁登録済 (第00004号)
安心・安全の国内仮想通貨取引所

無料口座開設
※2019年5月15日 CoinGecko調べ & ICO Rating 調べ