Bitcoin ABCチームとは:

ブロックサイズを拡大させたいと考えていたマイナーによって作られたチーム

Bitcoin ABCは、ビットコイン・キャッシュBCC)のフルノードを立ち上げるためのソフトウェアです。ビットコイン・キャッシュBCC)は、2017年8月にビットコインBTC)からハードフォーク(分岐)し誕生した暗号通貨です。

Bitcoin ABCはビットコインBTC)のソフトウェアであるBitcoin Coreのブロックチェーンよりブロックサイズが大きいのが特徴です。Bitcoin Coreのブロックサイズが約1MBであるのに対し、Bitcoin ABCのブロックサイズは32MBに設定されています。

Bitcoin ABCはブロックサイズを拡大させたいと考えていたBitmainなどの中国のマイナーによって作られました。開発の中心となっているのはAmaury Séchet (Deadalnix)氏です。

Bitcoin ABCはオンチェーン取引を主流にすることを目的にしている

Bitcoin ABCの開発方針は、ブロックサイズを拡張することで多くの取引を一つのブロックに収納するオンチェーン取引を主流にすることです。ブロックチェーン上に記録された取引をオンチェーン取引と呼びます。

ライトニングネットワーク(LN)を活用したセカンド・レイヤー上でのオフチェーン取引を主流にしようとするビットコインBTC)の開発方針とは異なります。

オフチェーンでの取引はすべてのデータがブロックチェーン上に記録されるわけではないため、すべての取引の検証が可能なブロックチェーンを作るためBitcoin ABCが立ち上げられました。

BitcoinABCの開発者はSatoshi Nakamotoがビックブロックを提唱していたとして、オンチェーン取引が行われるブロックチェーンSatoshi Nakamotoが描いていた将来像だったと主張しています。

また、オフチェーン取引の増加によるマイニング収入の減少が懸念されていました。マイニング収入が低下すると、マイナーのネットワークへ参加するインセンティブも低下します。そしてハッシュレートが減少するため、セキュリティ上の問題が発生する可能性が上がります。

ビットコインBTC)のユーザーがライトニングネットワーク(LN)を活用したオフチェーン取引を主流にした場合、ブロックチェーン上で行われるオンチェーン取引は少なくなります。オフチェーン取引を行う際に取引手数料が発生するのは、ペイメントチャンネルを開閉する時の2度だけでマイナーの収入は減少する可能性が高いと考えられています。

Bitcoin ABCチーム
  • 開発中心 : Amaury Séchet
  • 支援企業 : BITMAIN
  • 所在地 : 分散

金融庁登録済 (第00004号)
安心・安全の国内仮想通貨取引所

無料口座開設
※2019年5月15日 CoinGecko調べ & ICO Rating 調べ