PoS(Proof of Stake)

プルーフ・オブ・ステーク

PoS(Proof of Stake)とは、コインをステークすることで取引の検証を行い新規ブロックを生成することができるコンセンサス・アルゴリズムのことです。Peercoin(PPC)やNxt(NXT)といった暗号通貨で採用されており、Ethereum(ETH)にも今後導入が予定されています。

PoSの特徴は、ユーザーが保有するコインをステークすることが取引を検証するノードを立ち上げることになる点で、ステークするコインの数が多いほどマイニング報酬を獲得できる確率が上がります。

ビットコイン等が採用するPoW(Proof of Work)では、マイナーは電力などのリソースを実際に消費しマイニングを行うため、取引の検証を行う際の不正を働くインセンティブが低くなるよう設計されています。PoSでは、リソースを消費する必要がないものの、コインを大量に保有しているユーザーが検証作業を行うため、コインの価値を下げるような不正行為を行うインセンティブは低いと考えられています。

大量のリソースを消費する必要がない点において、PoSはPoWより優れていると主張する開発者も多くいます。一方、大量のコインを保有するユーザーがより多くの報酬を獲得することができるため、コインの分配に偏りが出ることが懸念されています。

その他の用語

仮想通貨用語

コンピューター用語

法律用語

トレード用語

仮想通貨用語集トップページへ

金融庁登録済 (第00004号)
安心・安全の国内仮想通貨取引所

無料口座開設
※2019年5月15日 CoinGecko調べ & ICO Rating 調べ