サトシ・ナカモトとは

ホワイトペーパー公開〜姿を消すまで

サトシ・ナカモトは2008年10月31日にビットコイン(BTC)の元となるアイデアが書かれたホワイトペーパー「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」を公表した人物です。サトシ・ナカモトはオンライン上のペンネームであるため、本名ではないと言われています。サトシ・ナカモトの国籍や性別、個人なのか複数人の団体なのかもわかっていません。

サトシ・ナカモトが考案したビットコイン(BTC)は、ブロックチェーンプルーフ・オブ・ワークPoW)と呼ばれるコンセンサス・アルゴリズムを採用することで、管理者が存在しない非中央集権のペイメント・ネットワーク上での2重支払い問題を解消しました。

ビットコイン(BTC)の運用を実際に開始したのは2009年1月3日です。サトシ・ナカモトは2010年までビットコイン(BTC)の開発を精力的に行っていました。しかし、その後オンライン上から突如として姿を消しました。他の開発者にビットコイン(BTC)の開発を引き継いでいたことから、計画的にコミュニティから離れたようです。

ビットコインホワイトペーパー サトシナカモト

サトシ・ナカモトがビットコイン(BTC)を作った理由

サトシ・ナカモトは既存の金融機関を介さずに取引を行えるデジタル・キャッシュを作るためにビットコイン(BTC)を考案しました。インターネットを使って誰でもどの国からでも利用することができるペイメントネットワークを構築したいと考えていました。

サトシ・ナカモトはジェネシス・ブロックと呼ばれるブロックチェーンの最初のブロックに「Chancellor on brink of second bailout for banks(財務大臣が2度目の銀行救済)」という文字を残しています。

これはジェネシスブロックがマイニングされた1月3日のThe Time紙の見出しでした。The Time紙はイギリスのメディアであるため、サトシ・ナカモトは当時イギリスに住んでいたのではと言われています。

サトシ・ナカモトが「Chancellor on brink of second bailout for banks(財務大臣が2度目の銀行救済)」という文字をジェネシスブロックに記録しています。ビットコイン(BTC)が誕生した当時はリーマンショックがきっかけとなり全世界同時金融危機の真っ只中にありました。

サトシ・ナカモトは金融機関の脆弱性に気づいており、既存の銀行を介さない金融ネットワークが必要だと考えていたようです。

ジェネシス ブロックに記録されているメッセージ

サトシ・ナカモトの正体は?

サトシ・ナカモトの正体は今も謎に包まれたままです。現在、ビットコイン(BTC)の開発を行っている開発者もサトシ・ナカモトが誰なのかを知りません。サトシ・ナカモトが書いたビットコイン(BTC)のコードに一貫性がみられたため、個人である可能性が高いとされています。

ペンネームにはサトシ・ナカモトという日本人の名前が使われていますが、コミュニティメンバーとのメールのやり取りをしていた時間帯や、ホワイトペーパーが英語で書かれている点から日本人ではないと考えられています。

サトシ・ナカモトはビットコイン(BTC)の開発初期に自身でマイニングしていた経緯があり、ウォレットには大量のビットコイン(BTC)が今も眠っています。サトシ・ナカモトの正体を知る人はいないため、今までに自身がサトシ・ナカモトであると主張する人が多く出現しました。しかしこのウォレットにあるビットコイン(BTC)を動かし、サトシ・ナカモトであることを証明できた人物は誰一人いません。

一説にはスマートコントラクトの概念を初めて考案したニック・サボ氏がサトシ・ナカモトではと言われています。しかし、ニック・サボ氏自身はこれを否定しており、サトシ・ナカモト本人であるという確証はいまだ得られていません。

サトシ・ナカモト
  • 生まれ : ???
  • 国籍 : ???
  • 年齢 : ???
  • 学歴 : ???

BTC/JPY 価格チャート

ビットコイン(BTC)チャート

金融庁登録済 (第00004号)
安心・安全の国内仮想通貨取引所

無料口座開設
※2019年5月15日 CoinGecko調べ & ICO Rating 調べ