ライトコイン(Litecoin)

ライトコイン(LTC)は、金に対する銀のように、ビットコインのサブアセットとして使われることを想定して2011年に作られた仮想通貨です。 ビットコインと同様にプルーフオブワークが採用されていますが、そのアルゴリズムにはScryptが用いられています。 総発行量はビットコインの4倍で8400万LTC、承認はおよそ2.5分間隔で行われるようにディフィカルティの調整が行われます。 また、ライトコインはライトニングネットワークの前提となるSegregated Witness(SegWit)が有効化され、メジャーな仮想通貨としては初の有効化となり、世界中から注目を集めています。

関連用語