最良執行方針

この最良執行方針は、暗号資産交換業者に関する内閣府令第23条第2項第2号イの規定に従い、お客様にとって最良の条件で取引を執行するための方針および方法を定めたものです。
当社では、お客様から当社の取扱う暗号資産の交換等に係る注文を受注した際には、以下の方針に従い執行することに努めます。

1. 対象となる暗号資産

当社が取扱う、資金決済に関する法律第2条第5項に規定される「暗号資産」。

2. 最良の取引の条件で執行するための方法

お客様からの注文は、当社が運営する取引システム上で所定の取引ルールに基づき約定執行することを基本方針とします。具体的には、お客様からの注文は、お客様からの別の注文または他のお客様の注文と対当させることによって約定執行いたします。
なお、お客様からの注文を、他の暗号資産取引所へ取り次ぐ等は行いません。

3. 当該方法を選択する理由

当社は、主として暗号資産取引所を運営する業務を行う暗号資産交換業者であり、暗号資産の交換等に関し他の暗号資産取引所へ取り次ぐ等の業務は行っておりません。
以上のような当社の業務形態に鑑みると、当社のお客様は、その注文が当社の運営する取引所上で約定執行されることを期待していると考えられるため、上記の執行方法を提供することがお客様のニーズに合致する最も合理的な方法であると判断されるからです。

4. その他

  • 最小取引単位未満の取引については、取り扱っておりません。
  • システム障害等により、やむを得ず、最良執行方針に基づいて選択する方法とは異なる方法により執行する場合があります。その場合であっても、その時点で最良の条件で執行するよう努めます。

最良執行義務は、価格のみならず、例えば、コスト、スピード、執行の確実性等さまざまな要素を総合的に勘案して執行する義務となります。 したがって、価格のみに着目して事後的に最良でなかったとしても、それのみをもって最良執行義務の違反には必ずしもなりません。

制定日:2020年5月