ボラティリティ

仮想通貨でボラティリティと言った場合、一般的に仮想通貨対法定通貨(日本円等)市場におけるその価格変動を指します。ボラティリティは、流動性とも大きく関係する要素であり、流動性が低いとボラティリティが高くなりがちで、その反対に流動性が高くなればボラティリティが低くなる傾向にあります。ボラティリティが高いと、日常の支払いや送金をした際、受け取り先が予想よりも多く受け取ってしまったり、商品の値段に不足したりすることが考えられます。現在、この変動リスクをとることで価格を保証する仲介事業者が存在することで、このユースケースは成立していますが、日常の支払いのような短期間ならまだしも、資産が常にボラティリティリスクに晒されている状況は好ましくありません。流動性を高めてボラティリティを抑えることが、仮想通貨の普及には欠かせないものとなるでしょう。

関連用語