ブロックチェーン

ブロックチェーンは、ビットコインの発明者であるサトシ・ナカモトが、P2Pで動く管理者不在の非中央集権型マネーを実現するために考案した分散型台帳技術で、そのうちビザンチン障害(ビザンチン将軍問題)に耐性を持つ分散型台帳技術をブロックチェーンと呼びます。ビットコインでは、取引の実在性を公開鍵暗号方式によって保証し、取引の一意な履歴をブロックチェーン台帳によって管理し、ブロックチェーンの整合性を非中央集権ノードによるプルーフオブワークで保証しています。 ブロックチェーン単体で見れば単なるデータ構造に過ぎませんが、一般的に「ブロックチェーン技術」という場合は、これらの特徴をまとめたものを指すのが主流です。最近では、ビットコインのように不特定多数のノード参加を許容せず、特定のノードだけを認証し参加させるプライベート・ブロックチェーンと呼ばれる応用分野もあり、世界中の金融機関や非金融分野の企業、政府がこの技術の応用を探っています。

関連用語