ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

ビットコインキャッシュ(BCC)は、2017年8月1日にビットコインのブロックチェーンから分岐(ハードフォーク)したアルトコインの一種です。取引所によってビットコインキャッシュをBCCと呼んだり、BCHと呼んだりすることがありますが、ビットコネクトコイン(BitConnectCoin)を指す場合を除き、いずれも同一のコインを示しています。ビットコインキャッシュは、ビットコインネットワークのスケーラビリティ問題の解決方法の一つとして生まれました。ビットコインはユーザーの増加に伴い、ビットコインの着金が遅くなるなどのネットワーク障害を引き起こすようになりました。ネットワーク障害の原因はビットコインの取引を記録するブロックがすぐに一杯になり、取引がネットワークに認証されるまでに時間がかかり過ぎることでした。ネットワーク障害を解消するために提案されたのがブロックサイズを引き上げる方法と、取引を縮小化(セグウィット)させる方法です。ビットコインキャッシュは一部のマイナーの支持を得てビットコインから分岐し、ブロックサイズを8MBに引き上げています。また、ビットコインはセグウィットを8月24日に有効化し、ブロックサイズを1MBのまま維持しています。

関連用語